酒の歴史は非常に古く、有史(文字の歴史)以前から作られた。
人類が最初に造った酒は蜂蜜酒だという説がある。水で薄めた蜂蜜は、自然酵母の働き
で酒になるからである。また、サルが木の洞に果物を集めると、その果汁が発酵して猿酒
になるという伝説があるが、南アフリカランド これは疑わしい。いずれにしても検証されていない。

また 子宮内膜症 口噛み酒が起源と言う説も有り南米 アジア アフリカのごく一部で現在も行われて
いる各種穀物を口に入れ噛み砕いた後 瓶や甕に吐き出し集め発酵を待つという原始的な
酒造法が低アルコールながら有史以前に広まっており 古代日本でも巫女がその役を務め
「醸す」の語源となっていると言う説もある
2004年12月、中国で紀元前7000年ごろお見合い の賈湖遺跡(かこいせき)から出土した陶器片を分析
したところ、FX 必勝法 米・果実・蜂蜜などで作った醸造酒の成分が検出されたという報告があった。
いまのところこれが考古学的には最古の酒である。

オリエント世界では、痛風 紀元前5400年頃のイラン北部ザグロス山脈のハッジ・フィルズ・テペ
(Hajji Firuz Tepe)遺跡から出土した壺の中に、ワインの残滓が確認された。また紀元前3000
年代には、シュメールの粘土板にビールのことが記録されている。シュメールの後を継いだ
バビロニアで、最古の成文法であるハンムラビ法典の中にビール売りに関する規定が記され
ている(第108条〜第110条)。

エジプトでは紀元前2700年頃までにはワインが飲まれていた。ツタンカーメン王の副葬品の
壺からはワインが検出セルライトマッサージ されている。またビールも広く飲まれていた。ピラミッド工事の労働者
たちにはビールが支給されていたらしい。オリエント世界ではブドウの育つ場所が限られるので、
ワインは高級な飲み物であり、ビールはより庶民的な飲み物だったらしい。

中国において殷・周のころ、ほくろ 酒は国家の重要事である祝祭において重要な意味を持っていた。
非常に手の込んだ器である殷代青銅器のうち、多くのものは酒器である。
『論語』には、ハイドロキノン 「郷人で酒を飲む(村の人たちで酒を飲む)」などの記述があり、紀元前5世紀頃
には一般的な飲み物になっていたらしい。
ギリシア・ローマは、NYダウ ブドウの産地ということもあり、ワインが多く生産された。
それらはアンフォラと呼ばれる壺に入れられて、地中海世界で広く交易されていたらしい。
酒の神ディオニソス(ギリシアではバッカス)が信仰され、酒神を讃える祭りが行われた。

古代バビロニア時代に、育毛シャンプー 香水を作るための蒸留技術があったという説があるが、 蒸留の技術は、
3世紀頃のアレクサンドリアの錬金術師たちには既に知られていたと推測される。
ローマ帝国は、イギリスをはじめヨーロッパの各地を支配下に収め、その過程でワイン生産の技術
を伝えた。フランスのボルドーやブルゴーニュなどではそのころからワインの製造が始まっている。
なお、イギリスは気候の低温化によりブドウが栽培できなくなりワイン生産は廃れた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』